« 2016アメリカ遠征連絡1 | トップページ | (本部・大泉)お知らせ »

2016年3月28日 (月)

全空連公認級位認定実施について

支部長及び関係各位(主に都空連関係)
平成28年3月吉日
玄制流武徳会事務局

平成28年度全空連公認級位認定実施について

ご存知の様に全空連は平成27年度より正式に公認級位(1級~5級)認定審査を実施しています。 これを保有しないと全空連主催大会参加資格、公認初段の受審資格が得られません。 全日本少年少女大会、全国中学生大会・同選抜大会等の参加資格は5級以上の取得が必要となり、 公認初段受審の際は1級位の保有が義務付けられました。既に都空連や埼空連は開始していますが、 都県連によって実施内容は若干異なりますので、所属県連の申請方法等を県連ホームページ等で 確認して下さい。不明な点は本部へ問い合わせて下さい。

〈都空連〉
①級位は1級から5級までとする。(26~27年度は原則として1級迄であった。但し、全空連主催行事等で必要な場合は5級迄を対象とした。)
②各区郡市連盟及び都空連道歴保証人単位で申請する。
③所定の申請書に認定料4,000円(登録料2,000円、免状料1,000円、諸経費1,000円)と審査料1,000円 合計5,000円を同時に納めて下さい。
④都空連及び全空連会員証のコピーを必ず添付すること。(有効期限切れでないもの)

※練馬区主管で今年度第1回目の級位審査を以下の様に実施しますので関係者は申し込んで下さい。
日時:平成28年5月15日(日) 午後1時迄に集合、1時30分開始                 (道場での駐車はできませんので車は市役所等へ)
会場:武徳会総本部朝霞道場
申込み〆切り:4月15日(金)迄に申請書(事前に取りに来ること)と認定料等5,000円。
受審課目:(1~3級)基本形か第1指定形の中から1つ、自由組手1回(メンホー等) (4~5級)基本形から1つ、約束された組手<別表>

※原則として見学不可
※各々のレベルに応じた級を受審してよい(武徳会の所持級位が3級でも1級の受審可)
※第2回目 10/23(日)武徳会大泉道場に決定しています。 〈埼空連〉6/4(土)午後1時迄に集合、1時30分開始(朝霞市立武道館)

« 2016アメリカ遠征連絡1 | トップページ | (本部・大泉)お知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1439349/64686070

この記事へのトラックバック一覧です: 全空連公認級位認定実施について:

« 2016アメリカ遠征連絡1 | トップページ | (本部・大泉)お知らせ »